私のパチンコの経験について

私は基本ギャンブル関係は好きではありません。そんな私も大学生の頃に何度かパチンコ屋さんに足を運んだ経験があります。きっかけは興味本位、人生の中で一度は経験してみたいといった軽い気持ちでした。

実際パチンコをやってみると千円があっというまに消えていくことに驚きを感じました。こんなに簡単にお金がなくなっていくんだというのが最初の印象。初日はそれ以上やる気にはなりませんでした。

その次ににやった時は前回の屈辱もありましたし、今度こそ勝ちというものを味わってみたいという負けず嫌いな気持ちもあってのことでした。その時は運がよかったのでしょう・・・

一、二千円やるうちに見事にフィーバーし、たちまち5千円という高額が手に入りました。その後もその喜び・嬉しさを忘れられずに何度かパチンコ屋さんに足を運びました。

結果として分かったことは勝てる時は簡単に勝てるけど、勝てない時はどんなに頑張ってもダメということ。引き際が大事だということ。熱中しても金銭感覚を失う程夢中になるのはリスクが大きいことです。

しかしながら人間は夢中になると理性を失うものですし、そのボーダーラインを自ら引くのは難しいです。なので私はその後はパチンコ屋さんには二度と近づきません。一度入ったら夢中になって理性を失うのが怖いですから。